業務内容



業務の内容および仕組

業務は2人1組で車(随伴車)1台を用いて行なわれる。
まず、飲酒などの理由で自動車が運転できなくなった者(顧客)から依頼を受け、待ち合わせ場所(居酒屋・飲食店など)に2人で随伴車にて向かう。
そこで、顧客車のキーを預かる(ただし、繁華街等では店の傍に駐車場が無いことも少なくないため、もし顧客車が遠くに駐車している場合には、
さらに随伴車でそこへ向い顧客が待っている元の場所まで車を回送する)。
2人のうちの1人(二種免許所持者)は顧客車を運転し、顧客も、顧客車に乗せて、目的地まで移動する(尚、同乗者がいる場合も顧客車に乗ってもらう)。もう1人は、随伴車で目的地まで随行する。
目的地に着いたら、顧客に車を返し料金を受け取る。そして、2人で随伴車にて営業所または待機場所に戻る。



代行業者の随伴車には、「(都道府県名)公安委員会認定第○号(業者名)代行随伴用自動車」の文字をペイントまたはカッティングシートにて剥がれることがないよう表示する事が
法律で義務付けられている。
また代行運転中は、お客様の車に所定の標識を掲示することも義務付けられている。
 











戻る
戻る